花と緑の生産者から、植物を育てて、楽しむ、プロの一言紹介
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10月19日前林園芸
お疲れ様です。
里親企画も9回目となりました。

画像を見ると、前回とあまり変化がないように見えますが、
手を入れてますのでグレードは1ランク上がっています。

今回はリングを取り、花を寄せています。
花を寄せる際は一本ずつ丁寧に、茎を避けながら中心に置きます。
高過ぎたり低すぎる花は抜きましょう。
涼しくなると、枯れ葉などの弱った所に灰色カビが生えますので、
気付いたら取りましょう。

今回はこれにて終了です。
最後の画像は、先日の出荷の様子です。
現場は花盛りで、忙しい限りです。皆さんのシクラメンはどうなっていますか?


2011101821160000.jpg  2011101821170000.jpg
スポンサーサイト
9月30日前林園芸
朝晩が涼しくなり、すっかり秋めいてきましたね。

里親企画8回目になります。前々回に1回目の葉組みをして、

今回が2回目の葉組みになります。

まず始めに、枯れ葉やまだ余分な花を取ります。

次に、針金でできたリングを外し、1回目と同じように中心を開けます。

この時に、長い茎の葉を下に、短い茎の葉を上にするような感覚で、
全体の形を作っていきます。

最後に先程外したリングを少し小さくして、口を開ければ出来上がりです。

今回はきちんと形を作って見てください。

でも、毎日のように手を入れなくても週1回で結構です。


201109301.jpg  201109303  

201109302.jpg

9月21日 前林園芸
台風が接近してきていますが、養生はお済みですか?

はなみちシクラメンも7回目?です。

前回は葉組みの1回目でした。
画像を見てみると、針金で開けた所が徐々に新しい葉で埋まり始めています。
早い物だと2回目に入る所ですが、次回に持ち越します。

そろそろ枯れた葉などにカビが生え始めてきますので、
見付けたら取りましょう。
簡単ですが、今回はこれにて終了です。
何かありましたら気軽に聞いてください

前林陽介


20110630前林園芸シクラメン

20110917094745.jpg
9月7日 前林園芸
はなみちシクラメンの5回目です。

前回お伝えした通り、今回は少し手を入れていきます。
画像も参考にして下さい。

1、花と色の着いた蕾を取ります。葉をかき分けて、枯れ葉があれば取ります。

2、次に中心部辺りから口を開けてみましょう。

3、次に中心の芽点を隠している、固く短い葉を取りましょう。決して取りすぎないようにして下さい。

4、針金で直径10センチ位の輪を作り、開けた口に入れ、葉の弾力を使い軽く固定します。

5、最後に固形肥料を置いて終了です。

この1~4までの行程を、当園では2~3回やります。
次回は約3週間後位がいいと思います。
もしも、文章や画像で伝わらないようでしたら、
サンプルを持って出張しても構いませんので、
よろしくお願いします


葉組の手順
No1 
090701.jpg  No2090702.jpg

No3090703.jpg  No4完成090704.jpg
 
8月20日 前林園芸 あの夏はどこへやら?
猛暑から一転、いきなり秋になってしまいましたね。
皆さんいかがお過ごしですか?

シクラメンは暑さでの痛みや、
黄色い葉が増えて弱ってきていませんか。

涼しくなると、夏場のストレスが出やすくなりますので、
殺菌剤などの散布をお勧めします。

画像で大きさはなかなか分からないかと思いますが、
葉数は40枚前後かと思います。

次回は少し手を入れますので、
小粒の固形肥料と30センチ位の針金を用意してください


2011082012460001.jpg

2011082012460000.jpg
Copyright © 2018 しょくぶつマニア. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。